声は楽器!?

「声が出る仕組みを知って曲を上手に歌おう」

「声は楽器」という言葉を良く耳にします。

“声”は、身体的なものですから、
“声”に自らの感情を乗せることが出来るという意味で、
主体的でかつ自律的な「楽器」と言えます。

また「楽器」の原語である「Instrument(インスツルメント)」は
「道具」を意味し、声は、楽器=道具であるということも言えます。

しかし、声=楽器=道具と呼ぶのであれば、
楽器(道具)本来の機能を知り、十二分に使いこなせないと
宝の持ち腐れになってしまいます。

そして声のもつ可能性と共にその限界を把握することで、
100%に近いパフォーマンスを発揮出来るようになると言えます。

そこで小生は、発声法については教えられませんが、
今回は、声の仕組みについて調べてみました。

声は、喉仏の後ろに肺に繋がる空気が通る気管があって
気管の入り口付近に声帯という“ひだ”があります。
肺から出た空気が“ひだ”にぶつかると、
1秒間に200回もの早さで声帯が震えて声が生まれているそうです。

声帯場所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑声帯のある場所

そして、この声帯の長さが声の高低と関係しています。
男性は変声期というものがあり、
その際に、喉仏が前に突き出てきます。
そうすると、喉仏に引っ張られ声帯も長く伸びて、
音の高さが下がるようになります。

丁度、バイオリンやチェロの弾く弦の長さによって
音の高低が決まるのと同じですね。
声変わりの前後では、約1オクターブも変わると言います。

p01l

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑朝日新聞よりお借りしました

余談ですが、男性は何故声変わりをするのでしょうか?
動物で言えば、
雄同士で争う時のアピール材料と考えられていて、
雌にモテるためとも言われています。

人間の場合、女性に男性の声を聞かせた実験では、
低い声の持ち主の方が『大きくて強い』という印象を持たれ易いそうです。

さて、話が逸れてしまいましたが、
声帯の話に戻しますと、肺から出た空気が“ひだ”にぶつかると
声帯が震えて声が生まれていると言いましたが、
声が出ている時は、声帯は閉じています。

逆に、声帯が開いていると振動しないため音になりません。

seitaiheisa

息漏れなどと言われている人でも声が出ている以上、
必ず声帯は閉じていますが、
少し隙間が空いていたりするとそこから空気が漏れてしまう、
かすれたような声になってしまいます。

声帯がしっかりと閉じていればそれだけ振動が大きくなり、
芯のある声になります。

裏声は声帯を引っ張ることにより、
ピンと張った声帯に空気が当たり高い声が出るそうです。

ところが、人間の声の仕組みに関して医学的に完全には
解明されていないそうです。

ただ言えることは、声帯は粘膜のヒダで出来ていて
デリケートな部分であるため、
声帯そのものを鍛えることは出来ないそうです。

そこで、「エッジボイス」という発声方法があります。
エッジボイスは、ヴォイストレーニングの一つで、
高い声を出したい人には有効的なヴォイストレーニング法とされています。

エッジボイスの練習をする事により、声帯を含めた発声器官の脱力や
声帯を閉鎖させる感覚を養う事が出来るそうです。

エッジボイスのやり方を簡単に説明すると、
「ア」 と言う時の口を開き、声を出さずにそのまま息を吐いていきます。
吐いている途中で、だんだん声を出していきます。
すると「ア”ア”・・・・」という感じになってくると思います。
これがエッジボイスだとされています。

エッジボイスには高音時の雑音を除去する効果があり、
高い声で歌う時に、無理に声を張り上げて歌う必要がなくなります。

エッジボイスは、なるべくリラックスした状態で行うのが大切だそうです。
エッジボイスで、声帯付近の筋肉を鍛える事が出来、
喉にかかる余計な力みを抜いて歌う事が出来るので、
高い声を出したい方はマスターしたいトレーニングのひとつだそうです。

エッジボイスの発声法についてYouTubeにありましたのでご参照ください。

エッジボイスだけで声帯付近の筋肉を鍛える事が出来る訳ではないと思いますが、
何れにしても歌が本当に上手くなりたいのであれば、基礎と合わせて
技術を磨く事が大切ですね。頑張りましょう。

新宿混声合唱団では随時、見学を受け付けています。
新宿混声合唱団ホームページよりお申し込みいただき、
新宿混声合唱団の雰囲気を体験なさって下さい。

では、また!

カテゴリー: 活動日記 | コメントする

ドイツ語もがんばっています

9月になり、グッと秋めいてきましたね

新宿混声では夏の間、ドイツ語のブラームスの曲を主に練習してきました。

一通り音取りを終えてから曲想を付けつつ、歌詞もしっかりと歌えるように練習していきますが、ドイツ語に取り組むのがちょっと久しぶりということもあり、ブラームスの美しいメロディーを表現するところまでたどり着けず…

苦戦する私たちを導いてもらうべく、先日の火曜の練習にヴォイストレーナーである大網かおり先生をお呼びして、ご指導いただきました

ドイツ語を歌う場合には母音だけでなく、子音が非常に大切であること。
子音がしっかりと聴こえるように歌うコツ。
そして、日本語にはない、ドイツ語特有の母音の違いなどなど。。。

大網先生は、私たちでも出来る『ドイツ語らしく聴こえる表現の仕方』を楽しく分かりやすく教えてくださいます
「とりあえずココだけはハッキリ言って」というように、ポイントを押さえてのご指摘はとっても取り組みやすい

そして、何となく『らしく』歌えた時の小さな達成感の積み重ねが、更に私たちのやる気を引き出してくれるのです

筑後川、ブラームスに続いて、日本語でジブリ、その次はイタリア語でロッシーニの練習も始まります。

新宿混声では毎年、様々なジャンルの曲に取り組んでいます。
新しいチャレンジに、ぜひ見学にいらしてみてください

カテゴリー: 活動日記 | 5件のコメント

混声合唱のための 宮崎駿 アニメ映画音楽集

新宿混声の練習は、今「ブラームス四重唱曲」の音取りと歌詞付けが佳境に差し掛かっていますが、次の音取りは「混声合唱のための 宮崎駿 アニメ映画音楽集第2集」の予定です。曲集に含まれているのは以下の曲です。

さんぽ 言わずと知れた「となりのトトロ」のオープニング曲!作詞は、絵本「ぐりとぐら」で知られる児童文学作家の中川 李枝子さん、作曲は宮崎アニメに欠かせない久石譲さんです。今では子供向けの童謡として歌われることも多くなりました。曲集はメドレーになっていて、最後の締めくくりも「さんぽ」です。

いつも何度でも 「千と千尋の神隠し」の主題歌!作詞は覚 和歌子さんで、沢田研二、夏川りみ、平原綾香、SMAPなど多くのシンガーに作詞提供しています。「崖の上のポニョ」のオープニングは宮崎駿との共作です。作曲は木村弓さん。「ハウルの動く城」の主題歌「世界の約束」も作曲しています。3拍子のふわっとしていて透明感のあるメロディーが印象的ですよね。

めぐる季節 「魔女の宅急便」のイメージソング。作詞は吉元由美さん。平原綾香のJupitarの作詞者で杏里とか松田聖子にも作詞提供してます。作曲は久石譲さんです。軽く跳ねるリズムが印象的で一度聞くと耳に残って口ずさみたくなる曲です。曲集では歌詞を付けず、スキャット的な感じで歌います。

やさしさに包まれたなら 「魔女の宅急便」エンディングテーマ!オリジナルはもちろんユーミン(荒井由美)で1974年に3枚目のシングルとしてリリースされました。今聞いても全然新鮮に聞こえるのがすごい!

どの曲も多くの方が一度は耳にしたことのある曲だと思います。と、いうことで、来年の演奏会をどうぞお楽しみに!聴くだけじゃなくて、一緒に歌ってみたくなった方は♫団員募集ページへ♫

カテゴリー: 活動日記 | 3件のコメント

夏だ!花火だ!!コンサートだ!!!

どうも、幽民です。

毎日暑い夏…と思っていたら、旧盆に入って雨ばかり…梅雨に逆戻りのような陽気が続いています。
旧盆休みも終わりつつありますが、如何お過ごしでしょうか。

今日は夏のイヴェントを2つ…

8/5(土)に、恒例の青梅市納涼花火大会への花火ツアーを挙行しました。
今回は7名での参加と、例年に比して少し寂しい出足となりましたが、それでも酒やつまみを
現地調達して、皆で盛り上がりました。
ます席の確保に動いて下さったひろりんさん、有難うございました。
わだすは花火の撮影で夢中でしたが、皆は横たわって花火を眺めておりました…。
(参加者の画像を撮り忘れました…すみませぬ…)

それでは、しばし花火の画像でお楽しみ下さい…。

CIMG6866-30KBCIMG6881-30KBCIMG6886-30KBCIMG6916-30KBCIMG6940-30KBCIMG6970-30KBCIMG6975-30KBCIMG6983-30KBCIMG6998-30KBCIMG7031-30KBCIMG7055-30KBCIMG7063-30KB

8/13(日)には、いつもお世話になっています、ピアニストの五十嵐沙織さんがヴァイオリンと
チェロ奏者とのリサイタルをルーテル市ヶ谷ホールで行うとのことで、総勢7名で聴きに伺いました。
CIMG7069-30KB

共演者は、ヴァイオリンが須山暢大さん、チェロが鈴木皓矢さん(作曲家の鈴木輝昭先生のご子息)でした。

曲名は、下記のとおりです。

ラフマニノフ:ピアノ三重奏曲 第1番 ト短調「悲しみの三重奏曲」

フランク:ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調

シューベルト:ピアノ三重奏曲 第2番 変ホ長調 作品100 D929

普段の合唱の伴奏ではなかなか聴けない、五十嵐さんのピアノ演奏を堪能しました。
ヴァイオリンとチェロとのアンサンブルも息ぴったりで、特に終曲のシューベルトは、
超絶技巧の連発で、圧巻でした。

個人的には同日昼に、知人が出演していたヴェルディのレクイエムを聴きに行った後に
この演奏会に参りましたので、ヴェルディで荒ぶった心を、素敵なアンサンブルで大分癒されました。

五十嵐さん、お疲れ様でした。ぜひまた同様の機会がありましたら聴きにお伺いさせて頂きたいと思います。

カテゴリー: 活動日記 | 3件のコメント

納涼祭♫

7月30日の日曜日、西新宿シニア活動館にて開催された納涼祭の「サマーコンサート」へ出演させていただきました。

演奏曲は50回記念演奏会で歌った曲などを含めて5曲。

  • All things bright and beautiful(ジョン・ラター作曲)
  • 村祭り(信長貴富編曲)
  • 城ヶ島の雨(信長貴富編曲)
  • シャボン玉
  • 富士の山
  • BELIEVE(杉本竜一作曲)

(^^♪ シャボン玉・富士の山は会場のお客様も一緒に歌いました。
いつもの定期演奏会とは違ったステージ、お客様も近く新鮮で楽しい演奏会でした!!このような機会を与えてくださってありがとうございます。

納涼祭2017-7-30

サマーコンサートはフラダンスあり、ウクレレ演奏あり、皆さんとっても生き生きと活動されていて楽しい催しでした。

ちょっと印象的だったのがオカリナの演奏に参加されていた方から、
「自分は音楽なんて勉強したこともないし苦手だったけどどうしてもやってみたくて始めた」と「ドレミ・・・」をぎっしり書き込んだ楽譜を見せていただいたことです。(確か70を過ぎてから始めたとおっしゃってたような・・・)
いつでも、いつからでも始められるのが音楽のいいところですよね!

私たち新宿混声合唱団も素人の集団ですし、必ずしも音楽が得意な人たちばかりではありません。今はみんなで必死こいて(笑)譜読みを進めているところです。

興味はあるけど、合唱なんて学生の時以来…楽譜も読めないしなぁ…なんて方も遠慮なさらず見学に来てみてくださいね!

♫団員募集ページへ♫

カテゴリー: 活動日記 | 6件のコメント

第51回定期演奏会、4ステージに決まりました

来年の『第51回定期演奏会』は4ステージ構成となり、
「ブラームス:4つの四重唱曲 op.92」
「團 伊玖磨:筑後川」
「ロッシーニ小品集」より3曲、
「混声合唱のための宮崎駿アニメ映画音楽集(信長貴富編曲)」より
4曲を演奏することになりました。

そこで今回のブログは、4ステージのひとつ
「ロッシーニ」を取り上げてみます。

Rossini1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ
(Gioachino Antonio Rossini)は、イタリアの作曲家。
1792年2月29日生誕、1868年11月13日(76歳)没で
来年、ロッシーニが没して丁度150年に当たる節目の年となります。

生涯に39のオペラを作曲し、
イタリア・オペラの作曲家の中で最も人気のある作曲家でした。

但し、実質の作曲活動期間は20年間に満たない期間ですが
絶頂期には1年に3~4曲のペースで大作を仕上げていたといいます。

音楽家の両親の影響を受け、早くから教会で歌ったり、
歌劇に出演していましたが、1807年にボローニャの音楽学校に入学、
在学中に劇場作品を発表し成功を収めました。

1816年にローマで『セビリアの理髪師』で名声を博し、
続いて『オテロ』 、『泥棒かささぎ』 などを発表して、
作曲家としての地位を確立していきました。

1824~36年はパリのイタリア劇場の監督として活躍、
1829年には名作『ウィリアム・テル』を発表しましたが、
1832年以降は劇場作品を作曲せず
宗教曲、歌曲、ピアノ曲、室内楽曲などを作曲しました。

ロッシーニの作品は、
古典的伝統のうえに自然な旋律と明るさを加えた
華やかな作風を特徴としています。

その後、1836年以降はボローニャに住み、
音楽学校校長をしながら静かな生活を送り
フィレンツェを経て、1855年に再びパリに戻って来ました。

パリに戻って来てからは
著名人を集めたサロンや高級レストランを経営して
音楽界からは身を引いていました。

フランス料理の「ロッシーニ風」というのは、
正にロッシーニが考案した料理と言われ、
フォアグラやトリュフを使った料理です。

ロッシーニ風料理.jpg2

 

 

 

 

 

 

 

 
↑ロッシーニ風料理

「天は二物を与えず」という諺がありますが、
天は「音楽家」と「料理家」という二物を与えることもあるのですね。
羨ましいです。(笑)

さて「第51回定期演奏会」で演奏するロッシーニの曲の中の
「I Gondolieri(ゴンドラ漕ぎ)」という曲をお聞き下さい。

前奏のピアノが何ともうららかで良いです。
本当にゴンドラ上でヴェネツィアの水に揺られているような曲ですね。

こんな演奏が出来ますかどうか、今後の練習次第。。。
これからの練習が楽しみです。

現在、来年の演奏会に向けて練習が始まったばかりです。

是非一度、見学にお越しください。
楽しい曲を一緒に歌いましょう。

では、また!

カテゴリー: 活動日記 | 4件のコメント

合唱はスポーツ

毎日、猛暑が続き、既にウンザリしている状態ですが
夏は様々なスポーツが楽しめる季節でもありますね
ただ暑さに弱い私は、専らテレビ観戦が中心です

先週は、テニスのウィンブルドンを楽しんでいました
本当はこの記事は、錦織圭選手の活躍を見ながら書く
予定だったのですが、苦手な芝コートの試合とはいえ
まさかセカンドウィークに進めず負けてしまうとは…

でも先週は、錦織選手の鮮やかなダウンザラインや
絶妙なドロップショットを、ワクワク楽しんでいました

ある番組で錦織選手が話していましたが、彼の練習は
特別な技を磨くことに多くの時間を割くのではなく、
マイケル・チャンコーチがひたすら出し続けるボールを
同じ場所に、ひたすら打ち返し続ける、という作業に
まず取り組むのだそうです。

新宿混声でも毎回の練習で、まず最初に必ず、ほぼ同じ
『発声』をおこないます。田中先生は
「合唱はスポーツだと思う。いつも同じ訓練をすることで
自分の思う通りに筋肉が使えるようになって、いつでも
良い声で歌えるようになると思うんだよ。」と言って
毎回ひたすら、同じ『発声』を繰り返します。

合唱はスポーツ。。。良い音楽を作り上げるために
ひたすら毎回の練習を大切に積み重ねています

カテゴリー: 活動日記 | 8件のコメント

7/30西新宿シニア活動館「納涼祭」に参加決定!

7月30日に西新宿シニア活動館納涼祭に参加します!

西新宿シニア活動館は、新宿区のシニア・高齢者のための仲間づくり、自主活動、社会貢献活動の場となっている施設です。納涼祭は今年で第5回とのことで、11時から始まり、模擬店や、サマーコンサート(13:30-15:00)、盆踊り(15:30-)など盛りだくさんのイベントです。多くはボランティアの方や、普段からそこで活動しているサークルの皆さんが運営/出演しています。新宿混声は昨年に続いてサマーコンサートにゲスト出演します。(昨年参加したときの様子は2016年8月4日のブログ記事をご覧ください)

大きなホールでの演奏会ももちろんすばらしい経験ですが、こういう地域のイベントに参加させていただくと、聞いていただく方との距離が近くて、お客様の表情も見えるし、声を掛けていただいたりして、和気あいあいとした雰囲気でとても楽しいです。

今年も聞いていただく方に楽しんでいただけるよう、選曲のアイディアを練っているところです。これを機に合唱に興味を持ったり、新宿混声の演奏会に足を運んでくれる人が増えるといいな、と思います。

お近くの方は、7月30日、西新宿シニア活動館へお立ち寄りください!

カテゴリー: 活動日記 | コメントする

初夏にうたおう!見学にいこう!

どうも、幽民です。
5月28日の50回記念定演には最終集計で1,340名様余りのお客様がお見えになりましたとのことで、衷心より改めて御礼を申し上げます。
51回定演も、多くのお客様にお出で頂けますように、また新たな1年、原点に立ち返り、約50年前から変わらぬ毎火曜の夜の練習を充実したものにして、1回1回積み重ねて頑張って参ります。

さて、去る6月10日(土)、毎年恒例の新宿区内の合唱団が一堂に集まる合唱祭「初夏にうたおう」に出演して参りました。
この場では、区内で活動する様々な合唱団の演奏を聴くすることができる、絶好の機会です。
色々な団体の演奏を聴くのは、自分たちにも参考になることが実に多い。逆に我々新宿混声の演奏をお聴きになった方々がどのようにお感じになったか、興味がありつつも恐れも感じているところですが…。
初夏20170610_s1-30KB初夏20170610_a1-30KB

初夏20170610_t1-30KB初夏20170610_b2-30KB

今回は、先日の50回記念で歌ったラターの曲集から、“Be thou my vision”
“Star Carol”の2曲を披露しました。
この「初夏にうたおう」で、ラターの演奏も本当に最後となりました。悔いのない演奏ができたでしょうか…。
終演後は、恒例の打ち上げで、ご覧のとおり皆で楽しく呑み放題(笑)。
歌ったあとの酒はやっぱ、んめえなあ~~(酔)。

初夏打ち上げ20170610_2-30KB初夏打ち上げ20170610_4-30KB

初夏打ち上げ20170610_6-30KB初夏打ち上げ20170610_5-30KB

毎年この時期になると、新たなシーズンの始まりを感じます。単に暦の上で季節が夏になるというのもありますが、来年の演奏会に向けて新たに始動する時期でもあります。
5月の50回記念演奏会や、この「初夏にうたおう」の我々の演奏を聴いて見学に来て下さった方々も過去にいらっしゃいます。
もし我々の演奏をお聴きになって、またこのブログをご覧になって興味が湧きましたら、どうぞ見学にお出で下さいませ。
新曲の練習が始まったばかりです。チャンスです!!!
現在、團伊玖磨の混声合唱組曲「筑後川」を練習し始めた所です。現代日本の合唱曲のスタンダード・ナンバーの一つに入る名曲です。
来月辺りから、ブラームスの「4つの四重唱曲」もぼちぼち練習が始まります。
ドイツ語の曲ですが、1曲1曲丁寧に言葉から音、リズム等、しっかり身につくように練習して行きますので、ご心配は無用です。
いずれの曲も、練習して行くうちに、随所にいいハーモニーが出てくる箇所が満載ですので、ハマりますよ、絶対に!!!

見学の方法は、当団HPの上部コンテンツの一番右にある、「お問い合わせ」から入って頂き、お気軽にアクセスして見て下さい。
練習時間、会場等、担当から詳細をご案内させて頂きます。
そうそう、練習後の「いっぱい」も、もれなく付いています(笑)。我々団員に、新宿混声のことを直接何でも聞ける場です。
どうぞ、お仕事帰りにお気軽においでませ<(_ _)>

カテゴリー: 活動日記 | 2件のコメント

初夏にうたおう♪♪

2017年6月10日(土曜日)11:30~18:50
新宿文化センター大ホールにて第37回新宿合唱祭「初夏にうたおう」へ参加します!

初夏にうたおう2017表

 

新宿混声合唱団の出番は18時過ぎごろから。
(合唱祭は11:30から開演しています。)

たくさんの合唱団が出演する合唱祭
自分たちの出番はもちろん、他の団体の演奏も楽しみです。

私たちは先日の定期演奏会の演奏曲の中からジョン・ラッターの作品を2曲演奏予定です。
ぜひ聴きにいらしてくださいね(^^)

♪団員募集中です♪
新宿混声合唱団では一緒に歌う仲間を募集中です。詳しくは↑↑こちらをご覧ください。
見学も随時受け付けております♪

カテゴリー: 活動日記 | 4件のコメント