第51回定期演奏会、4ステージに決まりました

来年の『第51回定期演奏』は4ステージ構成となり、
「ブラームス:4つの四重唱曲 op.92」
「團 伊玖磨:筑後川」
「ロッシーニ小品集」より3曲、
「混声合唱のための宮崎駿アニメ映画音楽集(信長貴富編曲)」より
4曲を演奏することになりました。

そこで今回のブログは、4ステージのひとつ
「ロッシーニ」を取り上げてみます。

Rossini1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョアキーノ・アントーニオ・ロッシーニ
(Gioachino Antonio Rossini)は、イタリアの作曲家。
1792年2月29日生誕、1868年11月13日(76歳)没で
来年、ロッシーニが没して丁度150年に当たる節目の年となります。

生涯に39のオペラを作曲し、
イタリア・オペラの作曲家の中で最も人気のある作曲家でした。

但し、実質の作曲活動期間は20年間に満たない期間ですが
絶頂期には1年に3~4曲のペースで大作を仕上げていたといいます。

音楽家の両親の影響を受け、早くから教会で歌ったり、
歌劇に出演していましたが、1807年にボローニャの音楽学校に入学、
在学中に劇場作品を発表し成功を収めました。

1816年にローマで『セビリアの理髪師』で名声を博し、
続いて『オテロ』 、『泥棒かささぎ』 などを発表して、
作曲家としての地位を確立していきました。

1824~36年はパリのイタリア劇場の監督として活躍、
1829年には名作『ウィリアム・テル』を発表しましたが、
1832年以降は劇場作品を作曲せず
宗教曲、歌曲、ピアノ曲、室内楽曲などを作曲しました。

ロッシーニの作品は、
古典的伝統のうえに自然な旋律と明るさを加えた
華やかな作風を特徴としています。

その後、1836年以降はボローニャに住み、
音楽学校校長をしながら静かな生活を送り
フィレンツェを経て、1855年に再びパリに戻って来ました。

パリに戻って来てからは
著名人を集めたサロンや高級レストランを経営して
音楽界からは身を引いていました。

フランス料理の「ロッシーニ風」というのは、
正にロッシーニが考案した料理と言われ、
フォアグラやトリュフを使った料理です。

ロッシーニ風料理.jpg2

 

 

 

 

 

 

 

 
↑ロッシーニ風料理

「天は二物を与えず」という諺がありますが、
天は「音楽家」と「料理家」という二物を与えることもあるのですね。
羨ましいです。(笑)

さて「第51回定期演奏会」で演奏するロッシーニの曲の中の
「I Gondolieri(ゴンドラ漕ぎ)」という曲をお聞き下さい。

前奏のピアノが何ともうららかで良いです。
本当にゴンドラ上でヴェネツィアの水に揺られているような曲ですね。

こんな演奏が出来ますかどうか、今後の練習次第。。。
これからの練習が楽しみです。

現在、来年の演奏会に向けて練習が始まったばかりです。

是非一度、見学にお越しください。
楽しい曲を一緒に歌いましょう。

では、また!

カテゴリー: 活動日記 | 2件のコメント

合唱はスポーツ

毎日、猛暑が続き、既にウンザリしている状態ですが
夏は様々なスポーツが楽しめる季節でもありますね
ただ暑さに弱い私は、専らテレビ観戦が中心です

先週は、テニスのウィンブルドンを楽しんでいました
本当はこの記事は、錦織圭選手の活躍を見ながら書く
予定だったのですが、苦手な芝コートの試合とはいえ
まさかセカンドウィークに進めず負けてしまうとは…

でも先週は、錦織選手の鮮やかなダウンザラインや
絶妙なドロップショットを、ワクワク楽しんでいました

ある番組で錦織選手が話していましたが、彼の練習は
特別な技を磨くことに多くの時間を割くのではなく、
マイケル・チャンコーチがひたすら出し続けるボールを
同じ場所に、ひたすら打ち返し続ける、という作業に
まず取り組むのだそうです。

新宿混声でも毎回の練習で、まず最初に必ず、ほぼ同じ
『発声』をおこないます。田中先生は
「合唱はスポーツだと思う。いつも同じ訓練をすることで
自分の思う通りに筋肉が使えるようになって、いつでも
良い声で歌えるようになると思うんだよ。」と言って
毎回ひたすら、同じ『発声』を繰り返します。

合唱はスポーツ。。。良い音楽を作り上げるために
ひたすら毎回の練習を大切に積み重ねています

カテゴリー: 活動日記 | 8件のコメント

7/30西新宿シニア活動館「納涼祭」に参加決定!

7月30日に西新宿シニア活動館納涼祭に参加します!

西新宿シニア活動館は、新宿区のシニア・高齢者のための仲間づくり、自主活動、社会貢献活動の場となっている施設です。納涼祭は今年で第5回とのことで、11時から始まり、模擬店や、サマーコンサート(13:30-15:00)、盆踊り(15:30-)など盛りだくさんのイベントです。多くはボランティアの方や、普段からそこで活動しているサークルの皆さんが運営/出演しています。新宿混声は昨年に続いてサマーコンサートにゲスト出演します。(昨年参加したときの様子は2016年8月4日のブログ記事をご覧ください)

大きなホールでの演奏会ももちろんすばらしい経験ですが、こういう地域のイベントに参加させていただくと、聞いていただく方との距離が近くて、お客様の表情も見えるし、声を掛けていただいたりして、和気あいあいとした雰囲気でとても楽しいです。

今年も聞いていただく方に楽しんでいただけるよう、選曲のアイディアを練っているところです。これを機に合唱に興味を持ったり、新宿混声の演奏会に足を運んでくれる人が増えるといいな、と思います。

お近くの方は、7月30日、西新宿シニア活動館へお立ち寄りください!

カテゴリー: 活動日記 | コメントする

初夏にうたおう!見学にいこう!

どうも、幽民です。
5月28日の50回記念定演には最終集計で1,340名様余りのお客様がお見えになりましたとのことで、衷心より改めて御礼を申し上げます。
51回定演も、多くのお客様にお出で頂けますように、また新たな1年、原点に立ち返り、約50年前から変わらぬ毎火曜の夜の練習を充実したものにして、1回1回積み重ねて頑張って参ります。

さて、去る6月10日(土)、毎年恒例の新宿区内の合唱団が一堂に集まる合唱祭「初夏にうたおう」に出演して参りました。
この場では、区内で活動する様々な合唱団の演奏を聴くすることができる、絶好の機会です。
色々な団体の演奏を聴くのは、自分たちにも参考になることが実に多い。逆に我々新宿混声の演奏をお聴きになった方々がどのようにお感じになったか、興味がありつつも恐れも感じているところですが…。
初夏20170610_s1-30KB初夏20170610_a1-30KB

初夏20170610_t1-30KB初夏20170610_b2-30KB

今回は、先日の50回記念で歌ったラターの曲集から、“Be thou my vision”
“Star Carol”の2曲を披露しました。
この「初夏にうたおう」で、ラターの演奏も本当に最後となりました。悔いのない演奏ができたでしょうか…。
終演後は、恒例の打ち上げで、ご覧のとおり皆で楽しく呑み放題(笑)。
歌ったあとの酒はやっぱ、んめえなあ~~(酔)。

初夏打ち上げ20170610_2-30KB初夏打ち上げ20170610_4-30KB

初夏打ち上げ20170610_6-30KB初夏打ち上げ20170610_5-30KB

毎年この時期になると、新たなシーズンの始まりを感じます。単に暦の上で季節が夏になるというのもありますが、来年の演奏会に向けて新たに始動する時期でもあります。
5月の50回記念演奏会や、この「初夏にうたおう」の我々の演奏を聴いて見学に来て下さった方々も過去にいらっしゃいます。
もし我々の演奏をお聴きになって、またこのブログをご覧になって興味が湧きましたら、どうぞ見学にお出で下さいませ。
新曲の練習が始まったばかりです。チャンスです!!!
現在、團伊玖磨の混声合唱組曲「筑後川」を練習し始めた所です。現代日本の合唱曲のスタンダード・ナンバーの一つに入る名曲です。
来月辺りから、ブラームスの「4つの四重唱曲」もぼちぼち練習が始まります。
ドイツ語の曲ですが、1曲1曲丁寧に言葉から音、リズム等、しっかり身につくように練習して行きますので、ご心配は無用です。
いずれの曲も、練習して行くうちに、随所にいいハーモニーが出てくる箇所が満載ですので、ハマりますよ、絶対に!!!

見学の方法は、当団HPの上部コンテンツの一番右にある、「お問い合わせ」から入って頂き、お気軽にアクセスして見て下さい。
練習時間、会場等、担当から詳細をご案内させて頂きます。
そうそう、練習後の「いっぱい」も、もれなく付いています(笑)。我々団員に、新宿混声のことを直接何でも聞ける場です。
どうぞ、お仕事帰りにお気軽においでませ<(_ _)>

カテゴリー: 活動日記 | 2件のコメント

初夏にうたおう♪♪

2017年6月10日(土曜日)11:30~18:50
新宿文化センター大ホールにて第37回新宿合唱祭「初夏にうたおう」へ参加します!

初夏にうたおう2017表

 

新宿混声合唱団の出番は18時過ぎごろから。
(合唱祭は11:30から開演しています。)

たくさんの合唱団が出演する合唱祭
自分たちの出番はもちろん、他の団体の演奏も楽しみです。

私たちは先日の定期演奏会の演奏曲の中からジョン・ラッターの作品を2曲演奏予定です。
ぜひ聴きにいらしてくださいね(^^)

♪団員募集中です♪
新宿混声合唱団では一緒に歌う仲間を募集中です。詳しくは↑↑こちらをご覧ください。
見学も随時受け付けております♪

カテゴリー: 活動日記 | 4件のコメント

第50回記念演奏会、盛大に終了

新宿混声合唱団の第50回記念演奏会は、5月28日(日)
1339名のお客様をお迎えして、無事に終了いたしました。

今回のステージは、ピアニストお2人に、ヴァイオリンと
エレクトーンの伴奏もあり、ソリストもお2人ご一緒して、
まさに、50回記念にふさわしい、豪華なものとなりました

多くのお客様と共に、この幸せな時間を共有できましたこと、
団員一同、心より感謝申し上げます。ありがとうございました

 
そして新宿混声合唱団は、新たな一年をスタートしています。

2018年5月27日(日)の、第51回定期演奏会に向け、
『筑後川』の練習が始まったところです。

今が入団いただくには、最適の時期です。

「合唱、やってみたいな…」と思っているアナタ
ぜひ、練習の見学にいらしてみてください。

まずは、ホームページの『団員募集』をクリック

来年は私たちと一緒に、新宿文化センターのステージに立ちましょう
お問い合わせを、お待ちしております。

カテゴリー: 活動日記 | 6件のコメント

すべてはこの日、この時間のために

ついに演奏会前日となりました。

年に1度の演奏会のために、まるまる1年かけて練習を重ねてきました。

公演時間たった1時間半のために、8790時間のうち何時間費やしたことでしょう。
「コスパ」、「作業の効率化」が求められる時代に、なんと効率の悪いことか :roll:
でも、私達にとっては決して短縮できない時間がそこにあり、だからこそ演奏会当日は自信を持ってステージに立つことが出来るのです :-P
たとえ本番で失敗 :-( したとしても 、各自やるだけのことをやった結果であれば、レセプションでは喜びに満ちた乾杯を交わせます

今日から3日間、新宿に鎮座まします花園神社の例大祭が催されます。明日は大祭で、明治通り、新宿通りを神輿が練り歩くそうです。
勇壮な神輿を観た後に、音楽はいかがでしょうか

新宿混声合唱団 第50回記念演奏会
新宿文化センター大ホールにて14:30開演(14:00開場)

Ⅰ.「Be thou my vision」「Wings of the Morning」ほか (作曲:ジョン・ラター)
ピアノ:五十嵐沙織

Ⅱ.ヴィヴァルディが見た日本の四季「春」「城ヶ島の雨」「村祭り」「ペチカ」 (編曲:信長貴富)
ヴァイオリン:後藤沙祈子  ピアノ:伊藤優里

Ⅲ.レクイエム (作曲:フォーレ)
ソプラノ:大網かおり  バリトン:田代和久  エレクトーン:伊藤佳苗

明日は、今までで一番良い演奏を目指します。
団員一同、皆様のご来場をお待ちしております

カテゴリー: 演奏会案内 | 8件のコメント

本番は 笑顔で歌いましょう!!

5月28日(日)の本番まで、練習はあと3回となりました。

前回、にょぎさんが
知人の方が出演したダンスを見に行かれたことを話題にされ、
「美しい声と、生き生きとした眼差しで
良い音楽をお届けできるように頑張りたい」と書かれました。

今回は『本番は“笑顔”で歌いましょう』をテーマにしてみます。

lgi01a201404111500

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歌う時の表情作りは非常に大切です。
良い表情で思いを込めて歌わないと、歌の心は伝わりません。

40数人が舞台で一生懸命に歌ったとしても、
目に力がなく、無表情で、ただ口だけが動いているだけでは
お客様の心には響かず、演奏効果は半減するでしょうね。

それには、私たちが良き演技者にならなくてはいけません。

具体的には
“自然な笑顔”で歌うことを心掛けるのが良いと思います。

この“自然な笑顔”には3つの条件があると言われています。

1.口角が上がっていること
2.頬が上がっていること
3.目尻が下がっていること

でも、実際に歌っている時には…

・音程やリズムは正しいか?
・音の強弱やテンポはどうだろうか?
・発声は乱れていないか?
・他のパートとのハーモニーは上手くいってるか?
・ここの歌詞はどういう意味だっただろうか?

などなど考えて歌っている筈です。

Colorful-Music-Background-Vector-Illustration

このように
合唱はマルチタスクが同時に必要なことが分かります。
これらを常に気にしながら歌っているのに、
この3つも気を付けるのは難しいし、気が重いかもしれません。

そこで、調べました。
“自然な笑顔“の3条件をクリアするために
気をつけるべきことは、たった1つだそうです。

それは「大頬骨筋のみを収縮させること」

大頬骨筋(だいきょうこつきん)とは
口角のあたりと目尻のあたりを結ぶ筋肉です。
この筋肉を収縮させると
「口角が上がり」「頬は上がり」「目尻が下がる」そうです。

Data written by CAgImageFormat_Png::writeFileRGB()

Zygomaticus

 

 

 

 

 

 

←↑赤いところが大頬骨筋

下記のYou Tubeに、大頬骨筋の解説がありますのでご覧下さい。

簡単に言うと「イ~」と言って
頬を上げるようにすればいいのでしょうか?
これで“自然な笑顔”の3つの条件クリアです。

本番では“自然な笑顔”で
お客様の心に響く演奏会にしたいですね。

flyer0201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓演奏会情報は新宿混声合唱団HPをご覧ください↓↓

http://shinjukumixedchoir.com/concrete5/

では、また!

カテゴリー: 活動日記 | 10件のコメント

生き生きとした眼差しで

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?
お天気に恵まれて、絶好の行楽日和が続いていますね

私は先日、知り合いが出演したダンスを見てきました

普段はジーッと定位置に立ち、余分な動きは極力おさえて
歌っている私にとって『ダンス』は対局にある『動』の世界です。

暗闇の中から、スポットライトに照らされて現れた人々。
キレッキレの美しい動きに『カッコ良い…』と、うっとり

それと同時に、彼らの眼差しにも釘付けになりました

リズムの激しい強い曲では、まるで挑むような差すような眼で
温かく優しいメロディーの曲は、穏やかなふんわりとした眼差しで
曲によって、まったく違う表情で舞い踊っているのが印象的でした。

折しも先日の練習で先生から「ソプラノ、眼が死んでるよ」という
衝撃的?な注意をされてしまって…

合唱団は、まず良い声を客席に届ける、というのが何より大切ですが
同時に、ステージに立ってお客様に顔を見せながら歌うのですから、
歌う時の表情や眼差しでも曲を伝えられるようにしなければ、と
改めて思いました。

28日(日)の本番まで、あと3週間あまり。
美しい声と、生き生きとした眼差しで良い音楽をお届けできるように
最後の仕上げ、頑張ります

カテゴリー: 活動日記 | 7件のコメント

エレクトーン伴奏♪

来月(5月)28日の第50回定期演奏会では「三大レクイエム」の一つとされているフォーレのレクイエムを演奏します。伴奏はエレクトーンです!

16日の日曜日に初めてエレクトーン伴奏との合わせ練習をしました。エレクトーンのパートは基本的にはオルガン伴奏と同じですが、そのつもりでエレクトーンに合わせて歌っていると、…!!!!!

あ、ハープ!次はトロンボーン!ティンパニー!コントラバス!

エレクトーンは当然ですがデジタル音源のシンセサイザーなので、本当にリアルにいろいろな楽器の音が鳴らせるのです。

♪              ♪
♪                   .| ̄ ̄ ̄ ̄|
.  ∧_∧       |iiiiiiiiiiiiiiii|
(    ´∀)’つ__|~~~~~~~|  ♪
(  つ   )::::::|::::::::::::::::|
○.___ヽ   || ̄|:::::::::::::::|   ♪
. || ̄||   \.||) =|:::::::::::::::|
. ^  ^    ♪ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私事ですが、実は私の娘もエレクトーンを習ってまして家にも1台あるのですが、娘は演奏を家族に聞かれたくないらしく、いつもヘッドホンで音を聞きながら練習しており、最近はほとんどエレクトーンの音を聞いてなかったので、すっかり実感として忘れてました。プログラムも組めるので、人の演奏に合わせて、(半自動演奏で)リズムパートの音を出したりすることもできるのです。

合唱の演奏会でエレクトーン伴奏はかなり珍しいのでは?!と思います。定演でのフォーレのレクイエムは、オーケストラ伴奏ともオルガン伴奏とも、もちろんピアノ伴奏とも違う、ある意味、楽しく聴いていただける演奏になると思います。ぜひ、お楽しみに。(合唱も負けないようにがんばらねば!)

カテゴリー: 活動日記 | 4件のコメント